2007年06月08日

阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬-2006年第58回ウオッカ

阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬のウオッカは、牝馬として64年ぶりに史上3頭目の日本ダービー(東京優駿)制覇果たしました。

阪神ジュベナイルフィリーズではウオッカは4番人気でしたが、中団からレースを進めて、直線で先行馬を外から追い込み、接線の末にGI制覇を果たしました。また、この年のJRA賞最優秀2歳牝馬に選出されました。

ウオッカの阪神ジュベナイルフィリーズ前のレースは、デビュー新馬戦で勝利を上げましたが、次走の黄菊賞ではスタートで出遅れて2着となり、阪神ジュベナイルフィリーズでの雪辱を期しました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第59回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 15:21| 阪神ジュベナイルフィリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャパンカップ優勝馬-2006年第26回ディープインパクト

ジャパンカップを制したディープインパクトは生まれが北海道早来町(現在の安平町)のノーザンファームで、父は名馬サンデーサイレンスです。JRA(日本中央競馬会)の馬主として有名な金子真人は、瞳の輝きに大きな衝撃を受け、また多くの人々に強い衝撃を与える馬になって欲しいという思いから「ディープインパクト」と名付けたそうです。

ジャパンカップではディープインパクトは最後方で待機し、直線に入ると他の馬を一気に捲くり、そして直線残り200mあたりからムチの連打により50m手前で先頭に立って、後続に2馬身の差をつけ優勝しました。

ディープインパクトのジャパンカップ前の戦績は、前年の有馬記念で初の黒星を喫しました。明けて阪神大賞典・天皇賞(春)・宝塚記念と3連勝を飾りましたが、凱旋門賞では3位入線しましたが、禁止薬物が検出されて失格となりました。帰国後は天皇賞・秋を回避して、ジャパンカップに出走することになりました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第27回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 15:16| ジャパンカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイルチャンピオンシップ優勝馬-2006第年23回ダイワメジャー

マイルチャンピオンシップ優勝馬のダイワメジャーは皐月賞、天皇賞・秋も勝利しました。父はサンデーサイレンスで母はスカーレットブーケ。母のスカーレットブーケは重賞4勝の実績馬です。

マイルチャンピオンシップではダイワメジャーは堂々の1番人気で重賞3連勝を飾りました。なお、同一年に天皇賞・秋とマイルチャンピオンシップに勝利したのは、19年振りでした。

ダイワメジャーのマイルチャンピオンシップ前の戦績は、マイラーズカップに勝利後、安田記念・宝塚記念は共に4着と敗れました。次の毎日王冠で3番人気で勝利し、続く天皇賞・秋にも勝ってマイルチャンピオンシップに臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第24回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 15:14| マイルチャンピオンシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エリザベス女王杯優勝馬-2006年第31回フサイチパンドラ

エリザベス女王杯優勝馬のフサイチパンドラは、サンデーサイレンスの産駒としては、最終世代となります。

エリザベス女王杯では7番人気で出走し、2着で入線しました。しかし1着のカワカミプリンセスが進路妨害で12着に降着となり、繰り上がりで初制覇となりました。日本におけるGIレースの繰り上げ優勝は、1991年天皇賞・秋でのプレクラスニー以来、15年ぶり2頭目でした。

フサイチパンドラのエリザベス女王杯前の戦績は、フラワーカップ2着の後、桜花賞では2番人気でしたが14着を惨敗しました。オークス(優駿牝馬)では復調して2着と健闘し、ローズステークス・秋華賞共に3着でエリザベス女王杯に臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第32回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 15:12| エリザベス女王杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬-2005年第57回テイエムプリキュア

阪神ジュベナイルフィリーズを制したテイエムプリキュアの馬名は、アニメの『ふたりはプリキュア』から馬主の娘が命名しました。セリではわずか250万円の値しかつきませんでした。

阪神ジュベナイルフィリーズではテイエムプリキュアは8番人気でしたが、見事にデビュー以来3連勝でGI初制覇を果たしました。

テイエムプリキュアの阪神ジュベナイルフィリーズ前の戦績は、デビュー戦の新馬戦、次走のかえで賞ともに優勝して、続く阪神ジュベナイルフィリーズに臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第59回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 14:51| 阪神ジュベナイルフィリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャパンカップ優勝馬-2005年第25回アルカセット

ジャパンカップを制したアルカセットはイギリスの競走馬で、引退後は日本で種牡馬入りしました。

ジャパンカップではアルカセットはハイペースの中をランフランコ・デットーリの好騎乗で抜け出し、ホーリックスの日本レコードをコンマ1秒上回る2分22秒1で駆け抜け優勝した。

アルカセットのジャパンカップ以前のレースはジョッキークラブステークスで優勝、コロネーションカップ2着、サンクルー大賞優勝、フォワ賞2着、英チャンピオンステークス5着の成績を挙げ、ジャパンカップに臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第68回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 14:46| ジャパンカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイルチャンピオンシップ優勝馬-2005年第22回ハットトリック

マイルチャンピオンシップ優勝馬のハットトリックは、馬主のキャロットファームに重賞初制覇をもたらした馬でした。2005年の香港マイルにも勝利しています。

マイルチャンピオンシップではハットトリックは3番人気となり、オリビエ・ペリエ騎手でマイルチャンピオンシップを制覇、GI初制覇を果たしました。そしてマイル戦での4勝が評価され、この年のJRA最優秀短距離馬を受賞しました。

ハットトリックのマイルチャンピオンシップ以前のレースは、東京新聞杯で優勝し、デビュー戦から7戦6勝という好成績を挙げていました。しかし以降マイラーズカップ9着、安田記念15着、毎日王冠9着、天皇賞・秋7着と苦戦が続いており、マイルチャンピオンシップに雪辱を期しました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第24回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 14:44| マイルチャンピオンシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エリザベス女王杯優勝馬-2005年第30回スイープトウショウ

エリザベス女王杯を制したスイープトウショウは、鋭い差し脚を武器にして2004年の秋華賞、2005年の宝塚記念も制しました。牝馬が宝塚記念に勝ったのはなんと39年ぶりで、史上2頭目の快挙で、この年のJRA賞最優秀4歳以上牝馬に選ばれました。

エリザベス女王杯(2005年)ではスイープトウショウは2番人気で、この年の秋華賞優勝馬エアメサイアを抑えて優勝し、GIレース3勝目を挙げました。

スイープトウショウのエリザベス女王杯以前のレースは、2005年最初の都大路ステークスでは5着と敗れましたが、次走の安田記念では2着に入り、続く宝塚記念でGIレース2勝目を飾りました。毎日王冠は6着、天皇賞・秋は5着に終わり、エリザベス女王杯に雪辱を期しました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第32回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 14:42| エリザベス女王杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬-2004年第56回ショウナンパントル

阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬のショウナンパントルはサンデーサイレンスの産駒として、2002年北海道白老町で生まれました。

阪神ジュベナイルフィリーズではショウナンパントルは、8番人気の低評価を覆して上がり3ハロン34秒4の末脚を繰り出し、アンブロワーズ、ラインクラフトらを直線で捕らえて勝利を収める。この結果、2004年度のJRA賞最優秀2歳牝馬に選出された。

ショウナンパントルの阪神ジュベナイルフィリーズ以前のレースは、デビュー新馬戦で勝利し、新潟2歳ステークスでは2着、デイリー杯2歳ステークスでは5着と敗れ、阪神ジュベナイルフィリーズでの雪辱を期しました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第59回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 14:21| 阪神ジュベナイルフィリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャパンカップ優勝馬-2004年第24回ゼンノロブロイ

ジャパンカップ優勝馬のゼンノロブロイは2004年のJRA年度代表馬に選出されました。

ジャパンカップではゼンノロブロイは1番人気で、海外から参戦した強豪を抑えて優勝しました。

ゼンノロブロイのジャパンカップ前の戦績は日経賞2着、天皇賞(春)2着、宝塚記念4着、京都大賞典2着と善戦はするものの勝ちに恵まれませんでしたが、天皇賞・秋で見事にGI初制覇を果たしてジャパンカップに繋げました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第68回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 14:16| ジャパンカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイルチャンピオンシップ優勝馬-2004年第21回デュランダル

マイルチャンピオンシップを制したデュランダルは、豪快な末脚を武器として、2003年・2004年の2年連続で、中央競馬の最優秀短距離馬に選ばれました。

マイルチャンピオンシップではデュランダルは1番人気で、前年と同じく豪快な末脚を見せて堂々の連覇を果たし、GIレース3勝目を挙げました。

デュランダルのマイルチャンピオンシップ前のレースは、前年のスプリンターズステークス、マイルチャンピオンシップの連勝後、明けて高松宮記念は惜しくも2着となりました。その後裂蹄を起こして秋まで休養となり、休み明けのスプリンターズステークスを2着でマイルチャンピオンシップに臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第24回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 14:14| マイルチャンピオンシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エリザベス女王杯優勝馬-2004年第29回アドマイヤグルーヴ

エリザベス女王杯優勝馬のアドマイヤグルーヴは、2000年のセレクトセールにおいて日本の牝馬として当時最高額の2億3000万円で落札されました。馬名は一般公募で最も多かった、冠名に母の名前を合わせたアドマイヤグルーヴに決まりました。

エリザベス女王杯ではアドマイヤグルーヴは前年に続き2番人気で見事に連覇し、武豊騎手にエリザベス女王杯4連覇という偉業をもたらしました。またエリザベス女王杯が古馬に開放されて以降の連覇は、メジロドーベル以来2頭目で、この年のJRA賞最優秀4歳以上牝馬も受賞しました。

アドマイヤグルーヴのエリザベス女王杯以前の戦績は、2004年最初の産経大阪杯を7着、金鯱賞を5着と勝てませんでしたが、次走のマーメイドステークスでは貫禄を見せて圧勝しました。京都大賞典4着、天皇賞・秋は3着と健闘してエリザベス女王杯に繋げました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第32回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 14:12| エリザベス女王杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬-2003年第55回ヤマニンシュクル

阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬のヤマニンシュクルはトウカイテイオーの産駒として、2001年北海道静内町で生まれました。

阪神ジュベナイルフィリーズではヤマニンシュクルは6番人気でしたが、後のGIレースに優勝したスイープトウショウなどを抑えて勝利し、この年のJRA賞最優秀2歳牝馬に選出されました。

ヤマニンシュクルの阪神ジュベナイルフィリーズ前のレースは、デビュー新馬戦で勝利し、クローバー賞では2着でした。3戦目のコスモス賞で2勝目を挙げ、重賞初挑戦の札幌2歳ステークスでは3着となり、阪神ジュベナイルフィリーズに臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第59回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 13:51| 阪神ジュベナイルフィリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャパンカップ優勝馬-2003年第23回タップダンスシチー

ジャパンカップ優勝馬のタップダンスシチーは5歳の秋から8歳の春にかけて、GI2勝を含む重賞レースで7勝を挙げた、大器晩成タイプの競走馬でした。

ジャパンカップではタップダンスシチーは1番枠から飛び出して先頭に立ち、徐々に差を広げて9馬身差の圧勝で、GI初制覇を果たしました。

タップダンスシチーのジャパンカップ前の戦績は、前年の有馬記念で2着、明けて東京競馬場リニューアル記念・金鯱賞で連勝しました。宝塚記念では3着でしたが、京都大賞典に勝ってジャパンカップに繋げました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第68回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 13:46| ジャパンカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャパンカップダート優勝馬-2006年第7回アロンダイト

ジャパンカップダート優勝馬のアロンダイトの馬名は、アーサー王伝説に登場した、ランスロットの愛剣の名前に由来しています。

ジャパンカップダートではアロンダイトは7番人気でしたが、4コーナーから混戦を抜け出したシーキングザダイヤと一騎討ちを制して、デビュー4戦目からの5連勝で初重賞と初GI制覇を飾りました。そしてこの年のJRA賞最優秀ダートホースにも選出されました。

アロンダイトのジャパンカップダート前のレースは、デビュー3戦目の未勝利戦で3着に入り、次走の未勝利戦で初勝利しました。続く500万下、魚沼特別、銀嶺ステークスにも勝ってジャパンカップダートに繋げました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第8回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 13:45| ジャパンカップダート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイルチャンピオンシップ優勝馬-2003年第20回デュランダル

マイルチャンピオンシップを制したデュランダルは、豪快な末脚を武器として、2003年・2004年の2年連続で、中央競馬の最優秀短距離馬に選ばれました。

マイルチャンピオンシップではデュランダルは5番人気という評価でしたが、豪快な末脚が炸裂して後続を退けて優勝しました。スプリンターズステークス、マイルチャンピオンシップの連勝が評価されて、この年の最優秀短距離馬に選出されました。

デュランダルのマイルチャンピオンシップ以前の戦績は、ディセンバーステークス4着の後、ニューイヤーステークスで勝利しました。次走の中山記念は9着と敗れましたが、セントウルステークスで3着に入り、続くスプリンターズステークスでGI初制覇して、マイルチャンピオンシップへと繋げました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第24回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 13:44| マイルチャンピオンシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エリザベス女王杯優勝馬-2003年第28回アドマイヤグルーヴ

エリザベス女王杯優勝馬のアドマイヤグルーヴは、2000年のセレクトセールにおいて日本の牝馬として当時最高額の2億3000万円で落札されました。馬名は一般公募で最も多かった、冠名に母の名前を合わせたアドマイヤグルーヴに決まりました。

エリザベス女王杯ではアドマイヤグルーヴは2番人気で、激闘を制してGI初勝利を挙げました。

アドマイヤグルーヴのエリザベス女王杯以前の戦績は、デビュー新馬戦から3連勝を挙げて臨んだ桜花賞では3着、オークス(優駿牝馬)は7着と、GIレースの壁に阻まれました。次走のローズステークスで重賞初勝利を飾り、続く秋華賞も2着でエリザベス女王杯に臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第32回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 13:42| エリザベス女王杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬-2002年第54回ピースオブワールド

阪神ジュベナイルフィリーズを制したピースオブワールドはサンデーサイレンスの産駒で、2000年に北海道静内町で生まれました。

阪神ジュベナイルフィリーズではピースオブワールドは圧倒的な1番人気に推され、すばらしい末脚を繰り出して4連勝でGIを初制覇しました。そして満票でJRA賞最優秀2歳牝馬に選出されました。

ピースオブワールドの阪神ジュベナイルフィリーズ以前の戦績は、デビュー新馬戦からかえで賞・ファンタジーステークスを全て1番人気で3連勝を挙げて、阪神ジュベナイルフィリーズに臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第59回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 13:21| 阪神ジュベナイルフィリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャパンカップ優勝馬-2002年第22回ファルブラヴ

ジャパンカップを制したファルブラヴはイタリアの競走馬で、ミラノ大賞典、エクリプスステークス、インターナショナルステークス、クイーンエリザベス2世ステークス、香港カップ等に勝利しました。引退後は日本で種牡馬となっています。

ジャパンカップではファルブラヴは9番人気でしたが、サラファンとの叩き合いを制して勝利しました。

ファルブラヴのジャパンカップ以前のレースはサニタ賞・共和国大統領賞・ミラノ大賞で3連勝し、その後はフォワ賞3着、凱旋門賞9着でジャパンカップに臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第68回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 13:16| ジャパンカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャパンカップダート優勝馬-2005年第6回カネヒキリ

ジャパンカップダート優勝馬のカネヒキリの馬名は、ハワイ語で「雷の精」という意味だそうです。「ダート版ディープインパクト」とも呼ばれていました。

ジャパンカップダートではカネヒキリは1番人気を得て、2分8秒0のジャパンカップダートレコードタイムで混合GIレース初制覇を果たしました。そしてこの年のJRA賞にて最優秀ダートホースを受賞しました。

カネヒキリのジャパンカップダート以前の戦績は端午ステークスで3勝目を挙げ、その後ユニコーンステークス・ジャパンダートダービー・ダービーグランプリまで4連勝を飾りました。次走の武蔵野ステークスでは出遅れが響いて2着に終わり、ジャパンカップダートでの雪辱を期しました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第8回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 13:15| ジャパンカップダート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。