2007年03月21日

朝日杯フューチュリティステークス

朝日杯フューチュリティステークス

朝日杯フューチュリティステークスの出走資格は、JRA所属の牡馬・牝馬の競走馬。サラ系2歳。JRA認定の地方馬は最大5頭が朝日杯フューチュリティステークスへの出走が可能です。

朝日杯フューチュリティステークスの賞金は、1着の賞金が6000万円、2着の賞金が2400万円、3着の賞金が1500万円、4着の賞金が900万円、5着の賞金が600万円となっています。

朝日杯フューチュリティステークスは、JRAが主催する中山競馬場、芝1600m馬の重賞競走です。第1回は1949年に中山競馬場の芝1100mで朝日杯3歳ステークスとして始まりました。2001年に競走馬の年齢の表記を国際基準に合わせた際、競走名が「朝日杯フューチュリティステークス」となりました。

朝日杯フューチュリティステークスの前走としては、「デイリー杯2歳ステークス」「京王杯2歳ステークス」「東京スポーツ杯2歳ステークス」などがあります。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第59回

posted by 競馬の予想屋さん at 15:27| 朝日杯フューチュリティステークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。