2007年04月02日

桜花賞優勝馬-2006年第66回キストゥヘヴン

桜花賞前のキストゥヘヴンの戦績は、2005年12月の中山競馬の2歳新馬戦(芝1200m)でデビューし、3戦目まで全てで2着に入りました。4戦目の中山競馬の3歳未勝利戦(2006年3月)で騎手が安藤勝己に替わり、キストゥヘヴンが初勝利をあげました。その翌々週のフラワーカップ(中山競馬)では横山典弘が騎乗して、初重賞制覇を果たしました。

キストゥヘヴンは吉田勝己(社台コーポレーション)に北海道市場の2004年の北海道オータムセール1歳馬市場で970万円で購入されました。キストゥヘヴンという名称は、「天国にいる父アドマイヤベガと母父ノーザンテーストに(キスが)届くように」との願いをこめて付けられたそうです。

キストゥヘヴンは気性が激しいことと馬体が小柄なため、桜花賞出走は長距離輸送を伴うので難しいといわれましたが、輸送を考慮しての調教をするなど関係者が細心の注意を払って桜花賞に臨み、第66回桜花賞にはキストゥヘヴンのベストの馬体重418 kgで出走するできました。桜花賞のレースは初勝利の時の騎手である安藤勝己が、大外から1番人気のアドマイヤキッスを差し切る豪快な競馬で3/4馬身差抑えて1番に桜花賞のゴール板を通過しました。

桜花賞優勝馬、キストゥヘヴンの2007年東京新聞杯は、同じ1600mのレースで期待されましたが、7着に終わりました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第67回

posted by 競馬の予想屋さん at 16:21| 桜花賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。