2007年04月02日

桜花賞優勝馬-2004年第64回ダンスインザムード

桜花賞より以前のレース戦績は、2003年12月に中山の2歳新馬戦を6馬身差の圧倒的な強さの勝利でデビューし、その次の若竹賞も勝利しました。これが岡部幸雄騎手の復帰後初勝利でした。その後武豊騎手に替わり、ダンスインザムードがGIIIフラワーカップで重賞初勝利を遂げました。

ダンスインザムードは全兄姉にダンスパートナー、ダンスインザダーク、半兄にエアダブリン。兄姉が中長距離で実績を残した中、ダンスインザムードはマイルから中距離に実績を残しました。

牝馬クラシック緒戦の桜花賞ではダンスインザムードが1番人気(オッズ2.9倍)の支持を受け、2着アズマサンダースに2馬身差をつけてデビュー以来4戦全勝無敗で桜花賞を制しました。また関東馬の桜花賞勝利は、ダンスインザムードがメジロラモーヌ以来の18年ぶりになります。

posted by 競馬の予想屋さん at 16:28| 桜花賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。