2007年04月02日

桜花賞優勝馬-2002年第62回アローキャリー

桜花賞では、レース直前にアローキャリーに騎乗が決まった池添謙一騎手が、直線に入って一気に抜け出し、13番人気の低い評価をものともせず1着。初めての重賞制覇を飾り、また、アローキャリーはホッカイドウ競馬出身馬として初の桜花賞優勝馬となり、池添騎手も初のGI制覇となったわけです。なお、2着には7番人気のブルーリッジリバーが入り、その結果、13番人気と7番人気が勝った、荒れた桜花賞となり、馬連が34,440円の万馬券となりました。桜花賞より以前のレースでは、2001年8月に中央競馬の札幌芝1000mの2歳500万下に出走し、57秒2のレコードタイムでアローキャリーは初勝利をあげましたが、旭川のフローラルカップでは13着と大敗してしまいました。再度中央に参戦したすずらん賞では3着と健闘しました。その後、アローキャリーは栗東の山内研二厩舎に転厩して、第53回阪神ジュベナイルフィリーズにイギリスの騎手、キーレン・ファロンとのコンビで出走しましたが、惜しくも2着に終わりました。次のフェアリーステークスでは予想1番人気に推されましたが、4着と敗れています。

明けて2002年、アローキャリーはエルフィンステークスでは再びゴール前でかわされて2着に。桜花賞前のアネモネステークスでは8着となりました。

アローキャリーはホッカイドウ競馬でデビューしましたが後にJRAに移籍、第62回桜花賞を制しました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第67回

posted by 競馬の予想屋さん at 16:32| 桜花賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。