2007年04月02日

桜花賞優勝馬-2001年第61回テイエムオーシャン

テイエムオーシャンは桜花賞前に、2000年8月に新馬戦・500万下条件戦を連勝しました。札幌3歳ステークスでは3着に終わりましたが、阪神3歳牝馬ステークスを制し、テイエムオーシャンはこの年の最優秀3歳牝馬に選ばれました。翌2001年は、緒戦となった桜花賞トライアルのチューリップ賞を4馬身差で勝利し、次の桜花賞制覇に繋がりました。

桜花賞優勝馬のテイエムオーシャンはデビューの時から引退するまで、一貫して本田優騎手が騎乗しています。

テイエムオーシャンは、2000年の阪神3歳牝馬ステークス、2001年の桜花賞、秋華賞と勝ち、2000年、2001年と2年連続でJRA賞最優秀3歳牝馬に選ばれました。

桜花賞では2着に3馬身差をつけてテイエムオーシャンが優勝し、祖母、孫での桜花賞制覇となりました。牝馬三冠最終戦の秋華賞では、桜花賞に続き牝馬二冠馬に輝きました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第67回

posted by 競馬の予想屋さん at 16:35| 桜花賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。