2007年04月02日

桜花賞優勝馬-2000年第60回チアズグレイス

桜花賞優勝馬のチアズグレイスは2000年の最優秀4歳牝馬で、主戦騎手は松永幹夫騎手です。

チアズグレイスは桜花賞前に、1999年のデビュー戦である新馬戦を快勝しました。続く500万下条件戦こそ4着でしたが、 オープン特別のコスモス賞では叩き合いをアタマ差を制してチアズグレイスが1着となりました。 この後は阪神3歳牝馬ステークスに出走し、4着に食い込み検討しました。2000年は紅梅ステークス、エルフィンステークスでは共に2着で、チューリップ賞は1番人気に推されたものの、不良馬場がたたりチアズグレイスは10着に終わりました。

桜花賞ではチアズグレイスは6番人気でしたが、レースでは好位2、3番手を追走し、早めに抜け出して2位を1馬身半抑える力強い競馬で勝利しました。 チアズグレイスの桜花賞勝利により、サンデーサイレンス産駒はクラシックの完全制覇を達成したのです。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第67回

posted by 競馬の予想屋さん at 16:36| 桜花賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。