2007年04月21日

安田記念優勝馬-2000年第50回フェアリーキングプローン

安田記念優勝馬のフェアリーキングプローンは香港で1999年/2000年シーズンと2000年/2001年シーズン連続で年度代表馬に輝きました。

馬名はキングプローン(大きなエビの意、蝦王)が冠名で、英語名・広東語名から意訳すると「活きのいい大きなエビ」になります。

安田記念では、鞍上にロビー・フラッド騎手を迎えて、10番人気の低評価ながらもディクタットを抑えて、香港馬として初めて日本のGIに優勝を果たしました。この安田記念での走りが評価されて、このシーズンの最優秀スプリンター、最優秀マイラーのタイトルと合わせ、年度代表馬に選ばれました。

フェアリーキングプローンの2000年安田記念前の戦績は、香港のナショナルパナソニックカップで2着に入り、次走の香港スプリントで優勝しました。ボーヒニアスプリントトロフィー、センテナリーカップ、チェアマンズプライズでいずれも2着となり、安田記念で初の日本の重賞に挑戦しました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第57回

posted by 競馬の予想屋さん at 13:11| 安田記念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。