2007年04月21日

高松宮記念優勝馬-2001年第31回トロットスター

高松宮記念とスプリンターズステークスの2つのGIを勝利したトロットスターは、北海道の荻伏三好ファームで、父がダミスター、母がカルメンシータの間に生まれました。主に短距離を中心に活躍した競走馬です。

トロットスターの本来の父親はシンボリルドルフになるはずでしたが、種付けの際に母・カルメンシータが暴れ、「代役」としてテクニシャンと評判だったダミスターを紹介されて生まれたのがトロットスターだったということです。

高松宮記念では、前年9着の汚名を返上し、トロットスターが差し切り勝ちしました。

トロットスターの高松宮記念の過去5レースは、2000年の京成杯オータムハンデキャップ と富士ステークスで2着に入りました。トロットスターは続くオーロカップ、CBC賞、シルクロードステークスと3連勝を飾った後、高松宮記念も制し、2001年最優秀短距離馬に選ばれました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第37回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 16:38| 高松宮記念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。