2007年04月21日

宝塚記念優勝馬-2005年第46回スイープトウショウ

宝塚記念に勝利したスイープトウショウは、鋭い差し脚を武器に2004年の秋華賞、2005年のエリザベス女王杯などもを制しました。牝馬が宝塚記念を制するのは39年ぶり史上2頭目の快挙で、2005年のJRA賞最優秀4歳以上牝馬にも選ばれました。

馬名の由来は、父の名前(スウィープでは9文字の制限にかかるためスイープとした)と冠名ですが、祖母のサマンサトウショウ、母のタバサトウショウとの連想にもなっているそうです。

宝塚記念では、並み居る牡馬をものともせず、139年ぶり史上2頭目となる牝馬による春のグランプリを獲得しました。また、馬主のトウショウ産業も1977年の名馬トウショウボーイ以来の宝塚記念制覇になりました。

スイープトウショウの宝塚記念前の戦績は、2004年ローズステークス3着、秋華賞優勝後エリザベス女王杯、都大路Sをいずれも5着、安田記念で2着に入り宝塚記念に臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第48回

posted by 競馬の予想屋さん at 19:26| 宝塚記念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。