2007年04月21日

宝塚記念優勝馬-2003年第44回ヒシミラクル

宝塚記念を制したヒシミラクルは、人気薄ながらも菊花賞・天皇賞(春)も制覇しました。

宝塚記念は有力馬が多く出走し、菊花賞・天皇賞(春)とGIを2勝しているヒシミラクルですが、6番人気に甘んじました。レースでは、最後の直線で外からヒシミラクルとツルマルボーイが追い込んで、最後は首差ヒシミラクルが出て見事にGI連覇を達成しました。これまでのレースは早め先頭でしたが、今回は直線での競馬で見事な差しきりを見せました。

ヒシミラクルの宝塚記念前のレースは、2002年の菊花賞を制しましたが、次走の有馬記念で11着と大敗しました。明けて2003年阪神大賞典でも12着の惨敗でしたが、産経大阪杯で7着に入ると次の天皇賞(春)でGT2勝目を挙げて、宝塚記念に臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第48回

posted by 競馬の予想屋さん at 22:16| 宝塚記念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。