2007年05月30日

菊花賞優勝馬-2000年第61回エアシャカール

菊花賞では2番人気でしたが、武豊騎手の好騎乗もあってトーホウシデンをクビ差で退け、見事に皐月賞・菊花賞の二冠馬となりました。

エアシャカールの菊花賞前の戦績は、重賞初挑戦の弥生賞で2着に入り、皐月賞でGI初勝利を挙げました。続く日本ダービー(東京優駿)では2着、キングジョージY&QEDSでは5着、神戸新聞杯では3着でしたが、次走の菊花賞で雪辱を果たしました。

菊花賞を制したエアシャカールは皐月賞にも勝っており2000年のクラシック二冠馬になりました。

エアシャカールは早くからクラシック候補として注目されていましたが、騎乗する側から見れば非常に難しい馬だといわれていました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第68回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 00:50| 菊花賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。