2007年05月30日

菊花賞優勝馬-2006年第67回ソングオブウインド

ソングオブウインドの菊花賞前の戦績は、デビュー5戦目の未勝利戦で初勝利をあげ、次走の500万下戦では惜しくも2着となるが、続く夏木立賞では勝利しました。ラジオNIKKEI賞が2着、神戸新聞杯で3着に入り、菊花賞へと繋ぎました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第68回・枠順

菊花賞に勝利したソングオブウインドは、クラブ法人「社台サラブレッドクラブ」が、2200万円(1口55万円×40口)の価格で一口馬主を募集した競走馬です。

菊花賞では8番人気ながら後方待機策から直線で一気に差し切り、重賞初制覇をGI勝利で飾りました。この時のタイム(3分2秒7)は、コースレコードを0.1秒、菊花賞のレースレコードの3分3秒2

を0.5秒更新しました。父エルコンドルパサーは最後のクラシック制覇のチャンスで、初のGI産駒の誕生となりました。

posted by 競馬の予想屋さん at 01:02| 菊花賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。