2007年04月21日

日本ダービー優勝馬-2002年第69回タニノギムレット

日本ダービー(東京優駿)優勝馬のタニノギムレットの馬主の谷水雄三は、かつてタニノハローモア、タニノムーティエで日本ダービー(東京優駿)を勝った谷水信夫の子息で、親子二代でのダービーオーナーとなりました。

ジンをベースにしたカクテルの名前「ギムレット」から、ダービーでの優勝騎手インタビューで武豊騎手が「今日はギムレットで乾杯してください」と語っています。

日本ダービー(東京優駿)でも1番人気で、後方待機から直線に向くと末脚を繰り出し、後に2年連続JRA賞年度代表馬となるシンボリクリスエスを差し切り優勝しました。これで武豊騎手は史上初の日本ダービー(東京優駿)3勝目を挙げました。

タニノギムレットの日本ダービー(東京優駿)前のレースは、2001年新馬は2着でしたが、次走の未勝利戦から明けて2002年のシンザン記念、アーリントンカップ、スプリングステークスまでの4連勝を果たしました。続く皐月賞、NHKマイルカップでともに3着に入り、日本ダービー(東京優駿)へと臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第74回

posted by 競馬の予想屋さん at 23:37| 日本ダービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ダービー優勝馬-1997年第64回サニーブライアン

日本ダービー(東京優駿)を制したサニーブライアンは皐月賞も制して二冠馬となり、同年のJRA賞で最優秀4歳牡馬に選出されました。サニーブライアンには全レースで大西直宏騎手が騎乗しています。

日本ダービー(東京優駿)でも6番人気と低評価でしたが、枠は皐月賞と同じ18番で、大西直宏騎手は勝利を確信したといいます。日本ダービー(東京優駿)レース前に大西騎手が「1番人気はいらない。1着がほしい」と語ったことは有名です。レースではスタートから先頭に立ち、単騎逃げの体勢を作ることに成功しました。この事態に「おのおの方、油断めさるな、逃げているのは皐月賞馬だ」とアナウンサーが実況したことも有名になりました。そして日本ダービー(東京優駿)スタートから一度も先頭を譲ることなく後方一気集団を1馬身抑えて、優秀なタイムでクラシック二冠を制しました。

サニーブライアンの日本ダービー(東京優駿)前の戦績は、1996年10月に東京競馬場(芝1800m)のデビュー新馬戦で初勝利を飾りました。その後百日草特別が5着、GVの府中3歳ステークスが7着、ひいらぎ賞で5着、若竹賞で2着となりました。2勝目をあげたのは6戦目のジュニアカップで、スタートから先頭に立ち、スローペースに落としてそのままゴールし、オープン馬となりました。次走のGII弥生賞で3着に入って皐月賞の優先出走権を得て、皐月賞でGI初勝利を挙げました。その勢いで日本ダービー(東京優駿)に臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第74回

posted by 競馬の予想屋さん at 17:21| 日本ダービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ダービー優勝馬-2004年第71回キングカメハメハ

日本ダービー(東京優駿)優勝馬のキングカメハメハはNHKマイルカップにも優勝しています。

日本ダービー(東京優駿)は、キングカメハメハは直線で早めに先頭に立つと、見事な脚を繰り出しそのままゴール板を先頭で駆け抜けました。また日本ダービー(東京優駿)レースレコードを14年振りに、2秒も更新するタイムを記録して、翌2005年まで、東京競馬場芝2400mのレコードとなっていました。

キングカメハメハの日本ダービー(東京優駿)前のレースは、2003年デビューの新馬戦で優勝、次走の阪神競馬場のエリカ賞も制しました。明けて2004年、京成杯では3着と敗れましたが、続くすみれステークス及び毎日杯で優勝して、NHKマイルカップもレースレコードで3連勝を挙げて、日本ダービー(東京優駿)に連勝を繋げました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第74回

posted by 競馬の予想屋さん at 11:46| 日本ダービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ダービー優勝馬-1999年第66回アドマイヤベガ

日本ダービー(東京優駿)を制したアドマイヤベガ(Admire Vega)の主戦騎手は武豊騎手で、母ベガは桜花賞・優駿牝馬を勝った名牝でした。

日本ダービー(東京優駿)で初めて2番人気になりましたが、最後の直線で先に抜け出したテイエムオペラオー・ナリタトップロードの二頭を大外からかわして、日本ダービー(東京優駿)レコードタイ記録(2:25.3)で優勝しました。この時の三宅正治アナウンサーによる実況「母ベガの二冠達成から6年!またもその息子が輝く一等星に!」は今でも語り草となっています。このレースで武豊騎手は史上初のダービー連覇を達成しました。

アドマイヤベガの日本ダービー(東京優駿)前のレースは、1998年11月のデビュー新馬戦は1位に入線しましたが、最後の直線走路で斜行したために4着降着の処分を受けました。続くエリカ賞とラジオたんぱ杯3歳ステークスを連勝。1999年には弥生賞で2着、皐月賞では直前に体調不良を起こし、6着となり、日本ダービー(東京優駿)での雪辱を期しました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第74回

posted by 競馬の予想屋さん at 09:52| 日本ダービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ダービー優勝馬-2005年第72回ディープインパクト

日本ダービー(東京優駿)を制したディープインパクトは生まれが北海道早来町(現在の安平町)のノーザンファームで、父は名馬サンデーサイレンスです。JRA(日本中央競馬会)の馬主として有名な金子真人は、瞳の輝きに大きな衝撃を受け、また多くの人々に強い衝撃を与える馬になって欲しいという思いから「ディープインパクト」と名付けたそうです。

日本ダービー(東京優駿)当日の東京競馬場には14万人もの観衆が押し寄せ、単勝支持率は73.4%(オッズは1.1倍)と単勝支持率最高記録を更新しました。スタートは出遅れましたが、後続に5馬身の差をつけて日本ダービー(東京優駿)レコードタイで優勝しました。また、史上6頭目の無敗の二冠を達成しました。武豊騎手は翌日のスポーツニッポンの手記で、ディープインパクトのことを英雄というニックネームで呼ぶことを自ら提案したほどでした。

ディープインパクトの日本ダービー(東京優駿)前のレースは、2004年のデビュー新馬戦から明けて2005年の若駒ステークス、弥生賞、皐月賞をすべて優勝で飾り、日本ダービー(東京優駿)に臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第74回

posted by 競馬の予想屋さん at 09:36| 日本ダービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ダービー優勝馬-2006年第73回メイショウサムソン

日本ダービー(東京優駿)優勝馬のメイショウサムソンは生まれが家族経営の零細牧場で父はオペラハウス、母はマイヴィヴィアンと血統も最近のスピード重視の馬とは違い、スタミナ型の馬のためほとんど注目されることなく、目立たない馬でした。

メイショウサムソンはこのような地味な馬だったため、なかなか買い手がつかなかったのですが、有名な調教師のすすめにより「メイショウ」の名がつけられ700万円で購入されることになります。

メイショウサムソンのデビュー時に武豊や福永祐一に騎手依頼が出されましたが、先約があったため断られ、ベテランの石橋守騎手が手綱を握ることになります。その後、デビュー戦から全レースを石橋守騎手が騎乗しています。

日本ダービー(東京優駿)では、メイショウサムソンが1番人気で、先行馬をクビ差で差しきり2分27秒9のタイムで優勝しました。この時点における二冠馬となりました。なお、小倉競馬場デビュー馬の日本ダービー(東京優駿)制覇は、これが史上初のことでした。

メイショウサムソンの日本ダービー(東京優駿)前の戦績は、2005年東京スポーツ杯2歳ステークスで2着、中京2歳ステークスで優勝しました。明けて2006年はきさらぎ賞2着の後、スプリングステークス、皐月賞と連勝して、日本ダービー(東京優駿)に繋げました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第74回

posted by 競馬の予想屋さん at 04:00| 日本ダービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ダービー優勝馬-2000年第67回アグネスフライト

日本ダービー(東京優駿)優勝馬のアグネスフライトは、京都新聞杯も制しています。祖母アグネスレディーはオークス優勝馬。母アグネスフローラは桜花賞優勝馬。全弟アグネスタキオンは2001年皐月賞優勝馬。母、祖母、弟は同じ河内洋騎乗でGIを制しています。

日本ダービー(東京優駿)では3番人気で、日本ダービー(東京優駿)三連覇のかかった武豊騎手と皐月賞優勝馬エアシャカールを直線で猛然と追い上げハナ差で勝利しました。

アグネスフライトの日本ダービー(東京優駿)前の戦績は、2000年2月の新馬戦で初勝利を飾るも、次走の若葉ステークスで12着と惨敗し、皐月賞に出走できませんでした。続く若草ステークスと京都新聞杯に連勝して、日本ダービー(東京優駿)への出走権を獲得しました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第74回

posted by 競馬の予想屋さん at 03:45| 日本ダービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ダービー優勝馬-2001年第68回ジャングルポケット

日本ダービー(東京優駿)を制したジャングルポケットは、2001年の年度代表馬で、ジャパンカップにも勝利しています。

日本ダービー(東京優駿)では1番人気で、レースではジャングルポケットは直線で伸びて2着に1馬身1/2差をつけて21世紀最初のダービー馬となりました。ウイニングランの場面では大歓声に答えるように雄たけびを上げる姿が見られました。

ジャングルポケットの日本ダービー(東京優駿)前のレースは、2000年のデビュー新馬戦、札幌3歳ステークスと連勝し、次走のラジオたんぱ杯3歳ステークスも2着に入りました。2001年は共同通信杯で優勝すると皐月賞も3着に入り、好調さを日本ダービー(東京優駿)に繋げました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第74回

posted by 競馬の予想屋さん at 01:15| 日本ダービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ダービー優勝馬-2003年第70回ネオユニヴァース

日本ダービー(東京優駿)・皐月賞を制した2冠馬のネオユニヴァースの馬名は「新しい宇宙」を意味しています。スプリングステークスからミルコ・デムーロに騎手が変更になりました。

日本ダービー(東京優駿)では、重馬場の中、後に天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念を3連勝するゼンノロブロイを破って2冠を達成し、デムーロは外国人騎手初のダービージョッキーとなりました。

ネオユニヴァースの日本ダービー(東京優駿)前の戦績は、デビューの新馬戦を勝利して、次走の中京2歳ステークスこと3着でしたが、続く白梅賞・きさらぎ賞・スプリングステークスと3連勝を挙げて、堂々の1番人気で皐月賞にも勝利しました。4連勝という圧倒的な強さで日本ダービー(東京優駿)に臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第74回

posted by 競馬の予想屋さん at 01:08| 日本ダービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ダービー優勝馬-1998年第65回スペシャルウィーク

日本ダービー(東京優駿)優勝馬のスペシャルウィークはジャパンカップにも勝利し、また天皇賞春秋連覇をしてGIを4勝するなどの大活躍をした競走馬です。

日本ダービー(東京優駿)では、ダンスインザダークの時の騎乗ミスの反省もあり、武豊騎手としては珍しく直線で追い通し5馬身差で圧勝し、武豊を初の日本ダービー(東京優駿)制覇へと導きました。

スペシャルウィークの日本ダービー(東京優駿)前のレースは、1997年11月にデビュー新馬戦を1番人気で快勝しました。続く白梅賞は調整不足で2着に敗れますが、3戦目のきさらぎ賞で初重賞制覇をすると、続く弥生賞も制覇してクラシック戦線の主役に躍り出ました。この勝利によって皐月賞は1番人気でしたが、3着と敗れて日本ダービー(東京優駿)に雪辱を期しました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第74回

posted by 競馬の予想屋さん at 00:10| 日本ダービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

日本ダービー

日本ダービー

日本ダービーの出走資格は、JRA所属、牡馬・牝馬の競走馬で、外国産馬及び地方所属の競走馬も日本ダービーの出走が認められています。サラ系3歳、地方馬に関しては8頭までで、出走枠は18枠、最大9頭の日本ダービー優先出走権取得馬が優先で出走出来ます。日本ダービー出走枠の残り9枠に関しては、総収得金額上位馬が出走出来ます

日本ダービーの総額賞金は2億8600万円、1着の賞金が1億5000万円、2着の賞金が6000万円、3着の賞金が3800万円、4着の賞金が2300万円、5着の賞金が1500万円となっています。

日本ダービーはJRAが主催する東京競馬場、芝2400mの重賞競走で、レース名「東京優駿(とうきょうゆうしゅん)」、第1回は1932年に目黒競馬場の芝2400mで東京優駿大競走として始まり、1950年に「日本ダービー」という副称がつきました」

日本ダービーの前走としては、「皐月賞」「青葉賞」「プリンシパルステークス」「京都新聞杯」「NHKマイルカップ」などがあります。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・東京優駿・第74回

posted by 競馬の予想屋さん at 16:06| 日本ダービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。