2007年06月06日

マイルチャンピオンシップ優勝馬-2004年第21回デュランダル

マイルチャンピオンシップを制したデュランダルは、豪快な末脚を武器として、2003年・2004年の2年連続で、中央競馬の最優秀短距離馬に選ばれました。

マイルチャンピオンシップではデュランダルは1番人気で、前年と同じく豪快な末脚を見せて堂々の連覇を果たし、GIレース3勝目を挙げました。

デュランダルのマイルチャンピオンシップ前のレースは、前年のスプリンターズステークス、マイルチャンピオンシップの連勝後、明けて高松宮記念は惜しくも2着となりました。その後裂蹄を起こして秋まで休養となり、休み明けのスプリンターズステークスを2着でマイルチャンピオンシップに臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第24回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 14:14| マイルチャンピオンシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エリザベス女王杯優勝馬-2004年第29回アドマイヤグルーヴ

エリザベス女王杯優勝馬のアドマイヤグルーヴは、2000年のセレクトセールにおいて日本の牝馬として当時最高額の2億3000万円で落札されました。馬名は一般公募で最も多かった、冠名に母の名前を合わせたアドマイヤグルーヴに決まりました。

エリザベス女王杯ではアドマイヤグルーヴは前年に続き2番人気で見事に連覇し、武豊騎手にエリザベス女王杯4連覇という偉業をもたらしました。またエリザベス女王杯が古馬に開放されて以降の連覇は、メジロドーベル以来2頭目で、この年のJRA賞最優秀4歳以上牝馬も受賞しました。

アドマイヤグルーヴのエリザベス女王杯以前の戦績は、2004年最初の産経大阪杯を7着、金鯱賞を5着と勝てませんでしたが、次走のマーメイドステークスでは貫禄を見せて圧勝しました。京都大賞典4着、天皇賞・秋は3着と健闘してエリザベス女王杯に繋げました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第32回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 14:12| エリザベス女王杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬-2003年第55回ヤマニンシュクル

阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬のヤマニンシュクルはトウカイテイオーの産駒として、2001年北海道静内町で生まれました。

阪神ジュベナイルフィリーズではヤマニンシュクルは6番人気でしたが、後のGIレースに優勝したスイープトウショウなどを抑えて勝利し、この年のJRA賞最優秀2歳牝馬に選出されました。

ヤマニンシュクルの阪神ジュベナイルフィリーズ前のレースは、デビュー新馬戦で勝利し、クローバー賞では2着でした。3戦目のコスモス賞で2勝目を挙げ、重賞初挑戦の札幌2歳ステークスでは3着となり、阪神ジュベナイルフィリーズに臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第59回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 13:51| 阪神ジュベナイルフィリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャパンカップ優勝馬-2003年第23回タップダンスシチー

ジャパンカップ優勝馬のタップダンスシチーは5歳の秋から8歳の春にかけて、GI2勝を含む重賞レースで7勝を挙げた、大器晩成タイプの競走馬でした。

ジャパンカップではタップダンスシチーは1番枠から飛び出して先頭に立ち、徐々に差を広げて9馬身差の圧勝で、GI初制覇を果たしました。

タップダンスシチーのジャパンカップ前の戦績は、前年の有馬記念で2着、明けて東京競馬場リニューアル記念・金鯱賞で連勝しました。宝塚記念では3着でしたが、京都大賞典に勝ってジャパンカップに繋げました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第68回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 13:46| ジャパンカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャパンカップダート優勝馬-2006年第7回アロンダイト

ジャパンカップダート優勝馬のアロンダイトの馬名は、アーサー王伝説に登場した、ランスロットの愛剣の名前に由来しています。

ジャパンカップダートではアロンダイトは7番人気でしたが、4コーナーから混戦を抜け出したシーキングザダイヤと一騎討ちを制して、デビュー4戦目からの5連勝で初重賞と初GI制覇を飾りました。そしてこの年のJRA賞最優秀ダートホースにも選出されました。

アロンダイトのジャパンカップダート前のレースは、デビュー3戦目の未勝利戦で3着に入り、次走の未勝利戦で初勝利しました。続く500万下、魚沼特別、銀嶺ステークスにも勝ってジャパンカップダートに繋げました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第8回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 13:45| ジャパンカップダート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイルチャンピオンシップ優勝馬-2003年第20回デュランダル

マイルチャンピオンシップを制したデュランダルは、豪快な末脚を武器として、2003年・2004年の2年連続で、中央競馬の最優秀短距離馬に選ばれました。

マイルチャンピオンシップではデュランダルは5番人気という評価でしたが、豪快な末脚が炸裂して後続を退けて優勝しました。スプリンターズステークス、マイルチャンピオンシップの連勝が評価されて、この年の最優秀短距離馬に選出されました。

デュランダルのマイルチャンピオンシップ以前の戦績は、ディセンバーステークス4着の後、ニューイヤーステークスで勝利しました。次走の中山記念は9着と敗れましたが、セントウルステークスで3着に入り、続くスプリンターズステークスでGI初制覇して、マイルチャンピオンシップへと繋げました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第24回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 13:44| マイルチャンピオンシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エリザベス女王杯優勝馬-2003年第28回アドマイヤグルーヴ

エリザベス女王杯優勝馬のアドマイヤグルーヴは、2000年のセレクトセールにおいて日本の牝馬として当時最高額の2億3000万円で落札されました。馬名は一般公募で最も多かった、冠名に母の名前を合わせたアドマイヤグルーヴに決まりました。

エリザベス女王杯ではアドマイヤグルーヴは2番人気で、激闘を制してGI初勝利を挙げました。

アドマイヤグルーヴのエリザベス女王杯以前の戦績は、デビュー新馬戦から3連勝を挙げて臨んだ桜花賞では3着、オークス(優駿牝馬)は7着と、GIレースの壁に阻まれました。次走のローズステークスで重賞初勝利を飾り、続く秋華賞も2着でエリザベス女王杯に臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第32回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 13:42| エリザベス女王杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬-2002年第54回ピースオブワールド

阪神ジュベナイルフィリーズを制したピースオブワールドはサンデーサイレンスの産駒で、2000年に北海道静内町で生まれました。

阪神ジュベナイルフィリーズではピースオブワールドは圧倒的な1番人気に推され、すばらしい末脚を繰り出して4連勝でGIを初制覇しました。そして満票でJRA賞最優秀2歳牝馬に選出されました。

ピースオブワールドの阪神ジュベナイルフィリーズ以前の戦績は、デビュー新馬戦からかえで賞・ファンタジーステークスを全て1番人気で3連勝を挙げて、阪神ジュベナイルフィリーズに臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第59回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 13:21| 阪神ジュベナイルフィリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャパンカップ優勝馬-2002年第22回ファルブラヴ

ジャパンカップを制したファルブラヴはイタリアの競走馬で、ミラノ大賞典、エクリプスステークス、インターナショナルステークス、クイーンエリザベス2世ステークス、香港カップ等に勝利しました。引退後は日本で種牡馬となっています。

ジャパンカップではファルブラヴは9番人気でしたが、サラファンとの叩き合いを制して勝利しました。

ファルブラヴのジャパンカップ以前のレースはサニタ賞・共和国大統領賞・ミラノ大賞で3連勝し、その後はフォワ賞3着、凱旋門賞9着でジャパンカップに臨みました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第68回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 13:16| ジャパンカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャパンカップダート優勝馬-2005年第6回カネヒキリ

ジャパンカップダート優勝馬のカネヒキリの馬名は、ハワイ語で「雷の精」という意味だそうです。「ダート版ディープインパクト」とも呼ばれていました。

ジャパンカップダートではカネヒキリは1番人気を得て、2分8秒0のジャパンカップダートレコードタイムで混合GIレース初制覇を果たしました。そしてこの年のJRA賞にて最優秀ダートホースを受賞しました。

カネヒキリのジャパンカップダート以前の戦績は端午ステークスで3勝目を挙げ、その後ユニコーンステークス・ジャパンダートダービー・ダービーグランプリまで4連勝を飾りました。次走の武蔵野ステークスでは出遅れが響いて2着に終わり、ジャパンカップダートでの雪辱を期しました。

2007年・2007・予想・競馬・結果・動画・過去・オッズ・第8回・枠順

posted by 競馬の予想屋さん at 13:15| ジャパンカップダート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。